マレスニュースリリース

June 1, 2013 1:00 PM

【DiveOrganizer】ファームウェアのアップデート方法forWindows

一部のダイブコンピュータは、DiveOrganizerを通じて、ソフトウェアアップデートが可能です。

新しいファームウェアの配信は、本ホームページで通知します。

アップデートには パソコン(Windows)にDiveOrganizerをインストールし
DiveOrganizerインストールはこちら)、
専用のUSBインターフェイスをご準備ください。
(※matrix・IconHDにはあらかじめ付属、NemoWide2.0・PuckProは別売りです。)

Macのアップデート方法はこちら

以下の手順でアップデートをお試し下さい。

※ なお、販売代理店にアップデートをご依頼になる場合は、
    手数料:¥2,000(税別)が必要になります。



ファームウェアアップデート手順
1.ファームウェアをダウンロードします。
  各製品のプロダクトページより取得できます。
  分りやすい場所に保存し、解凍してください。
2.DiveOrganizerを起動し、ダイブコンピューターをパソコンに接続します。
3.「ファームウェアの更新」を選択します。
001.JPG
4.手順1で取得したファイルを指定します。
002.JPG
003.JPG
5.アップデートを実行します。
004.JPG
005.JPG
「プログラムが正常に起動しています。」と出たらアップデート完了です。
006.JPG
6.アップデートを行うと本体の時計がリセットされます(14:30)。
  DiveOrganizerから修正が可能です。
007.JPG
バージョンが更新された事を確認できます。
008.JPG
「ユーザーインフォ」タブを選択し、時計マークをクリックします。
009.JPG
010.JPG
時刻を修正し、パソコンからダイブコンピュータを取り外して下さい。

  • 前のニュース記事へ
  • 次のニュース記事へ